輪合村農園だより

今日は、とっても頼もしい助っ人が来てくださいました✨

新しい畑は水はけが悪く、悩みの種でしたが、溝を掘って排水のパイプを埋めてくださったのです✨

枯れた木を切ったものが山積みになってたのですが、草堆肥として使うには大きな塊過ぎて、、片付かないし、これまたどうしたものかなと思っていたら、、果樹を植えつける予定の場所を丸く掘り、ぐるりに埋めてくださいました。こうすることで、粘土質の土が固まらないし、果樹の成長とともに腐食していって肥料となるのだそうです✨

私がやってたら何日もかかるであろう作業を次から次へとやってくれました!!

あっというまにヒョイヒョイと掘れていきます\(^o^)/
このパイプから水が抜けていく予定\(^o^)/
奥にクリの木を植えたいのです。そのまわりに切った枯れ木と枯れ草が埋まっています
この場所には、キウイと夏みかんを植えたいです。ここにも枯れ木と枯れ草がドッサリ入ってます✨
雨水を貯めるために、とゆの掃除もしてくださり、なんとなんとお水が流れ出しました!!!
バケツ稲に挑戦しようと思ってるのですが、ここに放置してあったバケツを利用して、バケツ稲用のバケツも設置して、土も入れてくれ、準備バッチリ✨✨✨

本当にお手伝いありがとうございました!!!

       輪合村農園長 太田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です