輪合村のHPがようやくスタート!

ようやく輪合村の活動をみなさまにお伝えすることができて、本当に嬉しいです♫

今日は、輪合村農園の園長さんから、畑の様子のお知らせです。

4月の輪合村農園の様子です。

暖かくなり、畑の草が一気にグングン伸び始めました。

なずな畑かとつっこみたくなるくらい、なずなの小さくて白いかわいい花が、一面に咲いていました。

現在、農園には、ニンニク、いちご、そら豆、ブロッコリー、キャベツ、白菜、大根、スイスチャード、赤カブ、パースニップ、人参、ゴボウ、玉ねぎ、春菊、エンドウマメ、絹さや、スナップえんどう、もち麦、大麦、スペルト小麦が植わっています。

先日、今収穫できるものを全て収穫しました。人参は細いですが、とても長く、葉っぱも根っこ部分もとてもおいしいです!無農薬で育った野菜は、安心して丸ごと食べられ、しかも丸ごと全部おいしいのです💕


畑に残っているのは、種とり用のお花が元気いっぱい咲いたものと、これから収穫に向かっていく野菜たちです(sparkle)

4月に入ってからの作業としては、野菜が草の勢いに負けないように、ひたすら株まわりの草を刈り、株元に敷いて草マルチにしています。

草マルチをすると、刈った草が土の保水、保温をしてくれ、やがて土に還っていって野菜が育つための栄養分となる、素晴らしい自然の循環ができます。ですから、刈った草はお宝です✨

月末にかけて、種とり用に残してある、大根、白菜、赤カブの種のサヤがだんだんと大きくなっていきます。そのまま、乾燥して、パリパリになるまで、見守ります。
そら豆、えんどうもどんどん育ってくるでしょう。

輪合村農園には、ミツバチらハナバチ、蝶々、鳥など、たくさんの虫さん鳥さんがきて、飛び交っていて、受粉を手伝ってくれています!

イチゴの苗をたくさん植えてあります。今はまだ小さい苗ですが、これから大きくなり、いちご狩りができるようになる予定です!いちごは虫に食べられやすいので、農薬をとても使うそうです。輪合村のイチゴはもちろん無農薬。イベントで皆さんに食べてもらえるといいなと思っています。

夏野菜の種をまき、夜間の温度が低いので家で育苗しています。トマト、ナス、ピーマン、とうもろこし、かぼちゃを植えて行く予定です✨✨

輪合村農園園長 太田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です